「寺院墓地」、「民営墓地」、「公営墓地」の違い

寺院墓地

寺院墓地とは、寺院が、境内や隣接地に管理、運営されている墓地のことです。永代使用料、管理料は寺院によって違います。

メリット
・永続性があり、管理が行き届いている
・法要は寺院で執り行うことができて便利
・仏事を安心して任せられる

デメリット
・檀家になる必要があり、檀家としての務めが必要となる
・寺院へのお布施や寄付金などの負担金が大きい

民営墓地

民営墓地とは、民間会社や石材業者など管理、運営を担っていて、経営主体は宗教法人や公益法人にある墓地のことです。

メリット
・宗旨宗派を問わない
・生前に墓地の購入が可能
・バリアフリーのところも多く、設備やサービスが充実している

デメリット
・公営墓地より管理料等の金額が高い設定
・指定の石材店がある

公営墓地

公営墓地とは 地方自治体が管理、運営している墓地のことです。

メリット
・墓地使用料、管理料が比較的安価
・宗旨宗派を問わない
・地方自治体が運営、管理をしているため安心

デメリット
・生前に墓地購入が不可
・墓地は抽選で決めるため、希望の墓地と購入ができない場合がある
・墓地がある自治体に居住していること

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: アカウントに接続できません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

最近の記事

  1. 墓石建立施工

    2022.07.5

  2. 納骨サポート

    2022.07.4

PAGE TOP