お墓の種類

家墓

代々墓、累代墓ともいい、もっとも一般的なお墓です。家族を合祀し、墓石には「○○家之墓」、「○○家先祖代々之墓」などを刻みます。自分たちの代の没後に、子どもや親族の後継者がいることが条件です。

両家墓

ご両家のお墓を一つにまとめたお墓です。近年、少子化で一人っ子同士の夫婦となり、お墓の後継者がいなくなる場合があり、今後は両家墓が増えていくと思われます。両家の家名を刻むか 最近多いのは好みの文字を刻むケースが多くなりました。

夫婦墓

夫婦二人だけ入るお墓です。
子どもをもたない夫婦が自分たちに用に、また嫁いだ一人娘が両親にために建てる場合があります。

個人墓

一人だけの遺骨を祀ったお墓です。故人の生きた証しを残しておきたいという願いから、家墓はあっても、記念碑としての個人墓を建てるケースがあります。

合同墓

血縁とは関係なく複数人が合祀されているお墓です。寺院や霊園によっては、合祀墓、納骨堂、永代供養墓と呼んだりしています。

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: アカウントに接続できません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

最近の記事

  1. 墓石建立施工

    2022.07.5

  2. 納骨サポート

    2022.07.4

PAGE TOP